タミヤグランプリに参加したいけど…なかなか勇気がわかない…。エントリーから当日までの流れはどんなふうになっているの?と思わている方のために…。

今回は、タミヤグランプリにエントリーできたときに郵送されてくる書面一式を公開します。

レースに出たことのない方、興味のある方は是非ご覧ください。
※クリックするとさらに大きな画像を見ることができます!


封筒には赤青黄3枚の用紙が入っています。順番に説明しますね!


会場入場の説明(1枚目)

黄色い紙には会場入場の際の注意点が記載されています。まずは、駐車場開門の時間です。新型コロナウイルスの流行によって入場番号が事前に決定されるようになりました。それにより会場へ入場する時間の目安が概ね計算できるようになりました。入場番号が遅ければ、ゆっくり会場入りすればいいわけです。これは便利ですね。

そして、黄色い紙の裏面には、昼食の案内と、限定アイテム販売の案内が記載されています。受付が終了してピットの設営が終わったら昼食の注文をしに行きましょう。昼食の注文が終わったころに限定アイテムの販売が開始されます。東日本大会では人気のモチュールオーテックGT-Rの軽量ボディが大量に販売されていました。それ以外にも、XBシリーズやキットなど格安で販売されていました。


受付に提出する用紙 等(2枚目)

ピンク色の紙には、当日受付で提出する書面がついています。こちらに自分が参加するクラスを記載して受付で提出します。レース後にスキャンしたので切り取った部分がなくなっていますが…(汗 その他レギュレーションの案内が書いてあります。

裏面には新型コロナウイルス対策の案内が記されています。入場の際にもタミヤスタッフさんがアルコールを手にかけてくれたり、マスクの案内等をしてくれています。

レース当日のスケジュール等(3枚目)

緑の紙表面には、レース当日のスケジュール等が記載されています。特に大事なのは練習走行するときにはこの紙が無いと練習走行できないというところです。慣れていないと、この紙の重要性が良くわからず練習走行の時にアタフタします。初めての時には要注意をw

緑の紙裏面にはレース前、後の車検の注意事項が書いてあります。レース前にはバッテリーチェックが行われます。LFバッテリーなら上限の電圧は7.3V!こちらは走行前にチェックがあります。その後、ポンダーを車に取り付けてレース前の準備完了です。レース後に上位者には細かい車検があります。モーターの回転数が上限回転数以内か、オプションパーツは正しく取り付けられているかのチェックが入ってレース結果が確定します。

まとめ

エントリーが出来た方は、上記の様な案内が郵送で送られてきます。はじめてレースに参加するのはドキドキするでしょうが一度参加してしまえば、エントリーのドキドキはなくなります。少しでもレース参加の敷居が下がると嬉しいです。

また、マシンをまだ持っていない方でも、タミヤグランプリの見学は可能です。入場の際に検温等ありますが、もちろん入場無料です。入場すれば間近でレースを見学することもできますし、タミヤグランプリ限定のアイテムを購入することも可能です。レースの雰囲気を味わうだけでも、とっても楽しいですよw是非、タミヤ掛川サーキットにお越しください!