最近、ラジコンの販売台数が増えているみたいです。NHK教育でもラジコン沼で高校生のラジコン部や、世界チャンピオンがクローズアップされました。おとなも負けていられません!というわけで今回はラジコン持っていない方が最短でラジコンレースデビューする方法をまとめました。

どこのレースに参加する?

レースの主催者は、メーカーさんか、ショップさん、有志の方々の3つくらいにまとめられると思います。最短でデビューするのであれば、それぞれのレースのスケジュールや開催場所を把握しておく必要があります。まずは、参加できそうな日程や場所を調べましょう。

当然、子供のころに憧れたマシンでレースに参戦したい!とか、どうしてもオフロードで参戦したい!とか、そういう希望もあるはずですから、そういう希望にあうレースを選びましょう。

メーカーさんであればレース案内をホームページで公開しています。レース回数頻度は、それほど多くありません。タミヤさんであればタイトルの掛かったレースは年に1回、タイトルに影響のない季節のイベントが年に数回あります。ショップさんのレースと比べて大きなイベントになるので多くのユーザーが参加してレースの醍醐味を存分に味わうことができます。

タミヤさんのレース案内 → こちら
京商さんのレース案内  → こちら
ヨコモさんのレース案内 → こちら

また、メーカーの方で全国のショップの案内も行っています。実はメーカーさんの開催するレースよりもショップさんで行われるレースの方が数が多いです。季節を問わず通年、定期的に行われています。基本的には参加費を払えば誰でも参加可能です。参加人数制限があることもありますが、開催頻度が高いので2か月以上待つということはないはずです。条件の合う数件のショップさんをはしごすれば一か月間でもかなりの回数のレースに参戦することもできます。

タミヤさんのショップ案内 → こちら
京商さんのショップ案内  → こちら
ヨコモさんのショップ案内 → こちら

有志の方の開催するレースはFacebookや、Twitterなどを利用すると発見することができます。こちらは、あくまでも有志なので自由な雰囲気で開催されています。こちらは仲間内で開催されているので誰でも参加させてもらえるかはSNSで交流して確認する必要があります。

いつ、どこのレースに参加したいか決まれば、そこが最短のレース参加日になります!!

レースの参加要項を調べる

レース参加要項は、一般的にレース参加のレギュレーションと言われます。レギュレーションでは参加できるマシンや、搭載可能なオプションパーツの種類、その他モーター、バッテリー、アンプの指定がある場合が多いです。指定のレギュレーションを守って同じコンディションの基、レースを楽しむからこそレースは白熱するんです。

レギュレーションは、各レースごとに決まっておりメーカーさんのレースレギュレーションはやはり自社製品縛りになってきます。タミヤさんであれば、レースに使う機材で他社製を使っていいものはプロポ、サーボと受信機だけなります。各メーカーさん毎のレギュレーションを調べて要項間違いでレースに参加できないということが無いようにしたいです。各メーカーさんのレースレギュレーションはホームページで確認できます。

タミヤさんのレースレギュレーション → こちら
京商さんのレースレギュレーション  → こちら
ヨコモさんのレースレギュレーション → 現在公開されているものはない(?)

ショップさんで開催されるレースは、各メーカーさんのレギュレーションに準拠している場合が多いですが、特殊なレギュレーションで開催されるレースも少々あります。ショップさんで開催されるレースに関してはショップさんのホームページで確認しましょう。

タミヤさんのショップ案内 → こちら
京商さんのショップ案内  → こちら 
ヨコモさんのショップ案内 → こちら 

有志の方の開催するレースはSNSで確認する必要があります。

車、最低限必要なものを選び、購入する

・年に1回開催されるタミヤ【タミグラ☆フレッシュクラス】に参戦する場合

紹介しているのはタミヤラジコンが完成品で手元に届くXBシリーズです。組立済みで箱出しでバッテリーを繋いでスイッチを入れれば直ぐにラジコンが楽しめるプロポ・メカ組込み済みのとってもお手軽なパッケージです!レース後も、更にRCを楽しみたい場合でもTT-02シャーシはオプションパーツが豊富なので飽きの来ない車です。現在、TT-02でレース上位に入っているユーザーさんも沢山いらっしゃって、安心して使えるシャーシといえます。ボディはタミヤ最強ボディライキリGTです。空力性能に優れエンジンカーではほとんどのユーザーさんがこのボディ一択になっていますwオプションを追加していけばこのシャーシで別のクラスに参加することもできるためコスパにも優れていますよ。


・年に1回開催される京商【EP FAZER SPORTSクラス】に参戦する場合

工場完成品のレディセットなのでバッテリー、充電器、プロポ用電池を用意すれば、直ぐに遊べます。京商は、早い遅いだけにとらわれず純粋にラジコンの走りの楽しみを提案するためにFAZER MkIIを開発したようで、ボディのディティールや、ディスクブレーキ風のホイールハブは他のメーカーさんには見られないものです。電動のツーリングカーはこのシャーシ一択になるので、シャーシ選びに迷うことなくセッティングに集中できるのも良いところかもしれません。また、部品点数を少なくしていることから車の組上げによる個人差が出にくと思われます。ラジコンは走らせてなんぼ!というドライバー志向のユーザーさんには最適です。

・ヨコモさんでは現在レース開催されていないようです。


・各ショップさんで開催されているレースに参戦する場合
上記で紹介したキットはあくまでもメーカーさんのレースに参戦するうえで、最低限のマシン構成を想定しています。ショップさんによってはレギュレーションが異なりますので、ショップさんのレースに参戦する場合には直接ショップさんに聞いてみるか、各ショップさんのホームページで確認してくださいね。

タミヤさんのショップ案内 → こちら
京商さんのショップ案内  → こちら 
ヨコモさんのショップ案内 → こちら 

レース参加表明(エントリー)方法

2020年は新型コロナウイルスの影響でメーカーさんのレースはタミヤさんのみとなっています。
エントリーシートの公開もタミヤさんだけになるのでタミヤさんを例にして説明します。

タミヤさんは、ホームページでダウンロードできるエントリーシートをタミヤさんに締め切り日までに郵送することでレースの参加表明をします。希望者が多い場合は抽選で参加者を決定することもあるのでエントリーした後、抽選に当たった連絡が来たらエントリー完了となります。郵送されてきた封筒を当日会場に持っていくことで受付できますので、郵送されてきた封筒は大切にとっておきましょう

タミヤさんの場合 → エントリーシート(例)

各ショップさんの場合は、ショップさんに出向いてレース参加表明をしましょう。ショップさん毎でエントリー方法が違うと思いますので詳しく聞いてみて下さい。

まとめ

2020年メーカーさんのレースはタミヤさんのみ開催され、各社新型ウィルスの動向を注目している段階です。いずれ、メーカーさんのレースも開催されるはずです。メーカーさんのホームページを確認して新しい情報に備えて下さい。

直ぐにレースに参加されたい方はショップさんのレースは開催頻度が多いはずですから近くのショップさんに直接行ってエントリー方法を確認して下さい。きっと、すぐにレースデビューできるはずですよ。

有志のみなさんで開催されるレースはSNSで参加募集をしていることが多いです。TwitterやFacebookで募集されていることがありますから、この機会にSNSで検索してみて下さい。面白そうなレースがあったら積極的に質問してみて下さい。きっと応えてくれる方がいらしゃいます。

最後に少しでも多くのみなさんが、こちらの情報でラジコンで幸せになってくれたら嬉しいです。